シャム&オッド

ルカ・珊瑚・くらら。元保護猫たちとの暮らし

抜爪手術(ディクロー)を受けた猫の悲しみ

f:id:sangoruka:20170505103324p:plain

f:id:sangoruka:20170505103345p:plain

f:id:sangoruka:20170505103346p:plain

f:id:sangoruka:20170505103347p:plain

 

 

f:id:sangoruka:20170505103348p:plain

f:id:sangoruka:20170505103349p:plain

f:id:sangoruka:20170505103350p:plain

f:id:sangoruka:20170505103351p:plain

 

抜爪(ばっそう)手術。ディクローともいいます。

 

人間の手で例えるなら10本の指全ての第一関節から先を切断する手術。(画像検索して頂くと良く分かると思います)

 当然、術後に激痛を伴います。

 また術後20%の確率で問題行動(噛む、猫砂に触れることを嫌いトイレで用を足さなくなる等)が起き合併症の危険もあります。

 

最近は指の腱だけを切断したりレーザーを使う方法もあるようですが、今回は切断する手術について考えたいと思います。

 

主に人と家を傷付けないために行います。(まれに爪の奇形や自傷を伴う脳の病気がある場合にも行うようです)

 

アメリカでは避妊去勢手術と同時に行うなどポピュラーな手術だと言われる事もありますが、一部の州では禁止されています。

 

またこの手術を動物虐待と捉え懲役・罰金を科す国もあります。

 

日本では動物愛護法で抜爪手術については触れられておらず飼い主の判断に任されています。

 

今回の猫に関してはどういう理由で手術をし、どうして瀕死の状態で外にいたのか想像するしかなくハッキリした事は分かりませんが、こんな辛い手術を受けさせておいて捨てたのなら言語道断です。

 

この手術賛否両論あるようですが人間側の理由でするなら私は反対です。

 猫の病気・苦痛の緩和に関してのみ慎重に行われるべきではないかと思います。

 

「避妊去勢手術と同じ」との意見もあるようですが術後の痛みの大きさがかなり違うと思います。

 また避妊去勢する事により特定の疾患の罹患率が下がり長生きできるというメリットと同等の猫側の利点があるとは思えません。

 

 猫友さんも私も抜爪手術の事は知っていましたが、実際に手術された猫が外にいて亡くなった事と合わせてショックを受けました。

 

あの子の辛さを無駄にしないため記事にして欲しいという

猫友さんからの言葉で今回の事を書きました。

 

ネットで調べると「それぞれに事情があるのだから飼い主が決める事。」という意見が多いように感じました。

実際手術を受けさせたという方もみえました。

 

考え書いては消し考え書いては消し3日掛かって記事を書きましたが

不十分な気がしています。伝えきれていないです。

 

また書き直すかもしれません。

 

 亡くなった子のご冥福を心からお祈りいたします。

 

もう一つのブログのコメント欄でたくさんの方のコメント・ご意見を見る事が出来ます。(2017.04.30現在53件)私が伝えきれなかった点をコメントして下さった方もみえるのでよろしかったらご覧ください。

http://ameblo.jp/sangoruka/entry-12264890393.html

2017.05.02 追記

この記事を書いた後、抜爪手術をするか迷ってみえる方、受けさせたという方がみえました。私が思うよりずっと沢山事例があるのかもしれません。

ちなみに迷ってみえた方は「脱走のした時の事を考えてなかった。」と手術を止めてくださいました。

悩んでで書いた記事で、公開してからも色々あったのですがこの1点だけでも「書いてよかった。」と思えました。

 

これからペットを迎える方、既に共に生活している方に読んで頂きたい記事。

c memasite. All rights reserved. 文章や写真の無断転載を禁止。リンク・シェア歓迎。